新しい賃貸物件の探し方!?駅前の不動産屋を利用するのはもう古い

インターネットを利用して賃貸物件を探す

インターネット上から賃貸物件を検索出来るサイトが増えたことで、利便性が高まりました。既存の不動産屋もインターネット上に賃貸物件情報を掲載するようになりましたが、気を付けなければならない点として釣り物件に注意が必要です。ネット上には掲載されていても、実は既に入居済みの物件という例が少なくありません。目玉物件を釣りで掲載しておき、問い合わせがあったら振り替えて別の物件を契約させる手法が古くから行われています。初めて利用する不動産屋とは現地待ち合わせを行うことが何よりの方法です。

賃貸エージェントを利用すれば楽になる

忙しくて不動産屋を何軒もハシゴすることが出来ない場合であっても、賃貸エージェントを利用すれば部屋探しが楽になります。希望の条件を伝えておけば、条件に合った賃貸物件を次々と紹介してもらえます。賃貸エージェントも不動産会社ですから、元付け不動産会社との間で賃料交渉や初期費用の条件交渉を行うことも可能です。個人で条件交渉を行おうとしても、相手にされないことがほとんどですが、賃貸エージェントを挟むことで言いにくい条件交渉についてもしっかりと独自のノウハウで行ってもらえるので安心です。

オーナーとの直接契約で本当に借りたい物件に出会える

インターネットに掲載されている賃貸物件には、駅前の不動産屋で紹介される物件同様に不人気物件が多く存在しているので、普段目にする部屋はどれも優良物件とは言えない部屋ばかりです。優良物件と呼ばれている部屋については、掲載されて1日ですぐに契約が決まってしまう状況があるので、インターネットにはほとんど掲載されない現状があります。オーナーとの直接契約を行えるサイトの人気が高まっているのは、オーナー側も入居希望者側も不動産屋のやり口に嫌気がさしているからです。オーナーとの直接契約が今後も優良物件探しでは重要になってくるでしょう。

バスセンター前の賃貸は、多方面へのアクセスに大変優れている点が魅力で、アクセス環境を重視している場合に最適です。