継続的な収入を得よう!思い切って始めるマンション経営

少し資金があるならマンション経営

資金を持っているときに銀行に預けておくだけではほとんど増えることがなくなりました。少し資金があるのなら、継続的に収入を得られるようにするために思い切ってマンション経営をしてみることを考えてみましょう。マンションを購入して賃貸経営を始めれば、継続的に家賃収入を得ることができます。ローンを組むことになっても、家賃収入を返済に利用していくことができ、最終的にはそのマンションを自分の資産にすることもできるのです。

家賃収入とローンの考え方

マンションを購入して経営していく決意ができたら、ローンをよく考えなければなりません。どの程度の家賃収入が見込めるかを考えて、実質利回りに基づいたローン計画を立てることが重要です。家賃設定をして満室になることを常に想定してしまうと破綻することになりかねないことは忘れてはなりません。ある程度の空室ができてしまうことを想定して、無理なく家賃収入から返済を行えるようにローンを組むようにするのが賢明な考え方です。

マンション収入重視か資産重視か

マンション経営をするときのマンション選びの仕方として、家賃のによる収入を重視するか、マンションを手に入れることによる資産の獲得を重視するかはよく考えておく必要があります。家賃収入は入居者がいる限りは継続して手に入れられるものですが、マンションという資産は売却によって利益が得られるだけであり、資産価値も年々減少していくことからうまく物件を選ばなければ損になるリスクがあるでしょう。どちらを選ぶのも自由ですが、リスクとリターンのバランスを考えて選択することが大切です。

マンションを所有し人に貸し出してマンション経営を行い、家賃収入などを得て老後の安定した生活資金確保などメリットがあります。