賃貸住宅から賃貸に引越すときのスケジュール

二重家賃の発生を防ぐ

引越しの際は、現住所か引越し先が持ち家の場合は比較的スケジュール管理が楽ですが、賃貸から賃貸への引越しとなるとそうはいきません。決めなければならない大事な日付が3つあり、それを的確に決めるのは至難の業です。3つの日付とは、解約日、引越し日、それに入居可能日となります。解約日までの家賃と、入居可能日以降の家賃がかかりますから、なるべくなら二重に家賃を支払う期間は1日だけにしたいものです。その1日を引越し日とするのが理想です。

どの日付から決めるべきか

解約日、引越し日、入居可能日のどれから先に決めるべきかというのは、何を優先するかによって違ってきます。費用を抑えることを優先するなら、引越し日から決めるのがいいでしょう。引越し会社を頼む場合、料金は、引越し会社の指定する日時に合わせると、半額近くになることもあります。よほど高い家賃のところでなければ、引越し料金を下げることを最優先したほうが、引越しに関わる費用を安く抑えることができます。引越し会社が指定した日付を、解約日と入居可能日とすればよいのです。

解約予告期間が迫っていたら

賃貸契約書には、必ず解約予告期間の記載があります。その期間にかからないように、家主側に引越しを伝える必要があります。解約予告期間はひと月であることが多いようです。引越し作業がひと月でできそうなら、ひと月後を解約日として家主にすぐ伝えると、旧居へ支払う家賃を最小限にできます。家賃が高い場合は特に、最短で解約できる方法をとったほうが総額を低く抑えられるでしょう。その日を引越し日と指定して頼むことになりますので、引越し料金は高くなりますが。

札幌市白石区の賃貸マンションは、防犯性に優れていて誰でも快適な生活を送ることができる賃貸マンションです。