想像以上にお金がかかる、初めての賃貸暮らし

契約には家賃の6~8倍の現金が必要

賃貸暮らしを始めるには、最初にまとまったお金がかかります。毎月の家賃は払えるのに、この初期費用が用意できない、という理由で賃貸暮らしを諦めている人も少なくありません。一般的に、賃貸契約には家賃の6~8倍程度のお金が必要と言われています。6万円の家賃であれば、36万~48万円程度、ということになります。これは契約時に現金で払わなければならないお金ですので、最低限必要な金額と思っていただいて構いません。

賃貸契約にかかる費用の内訳

なぜそんなにかかるのか、内訳を見ていきましょう。まずは敷金と礼金です。合わせて2ヶ月程度が相場です。新築物件や人気物件になると、敷金と礼金だけで4ヶ月くらいのこともあります。そして仲介手数料が家賃の1ヶ月分、家賃の前払い分が1ヶ月分、これだけで4ヶ月になりましたね。ここに日割り家賃、鍵交換費用、火災保険料、共益費などがプラスされます。敷金や礼金が高い物件ですと、8ヶ月でも足りないくらいです。これ以外に手数料の名目で上乗せされている費用がある時は、なんの手数料か必ず確認しておいてください。

引越し、家具家電準備にも大きな出費が

初めての賃貸暮らしにかかる費用は、これだけではありません。賃貸契約にかかる費用が用意できても、それだけでは一人暮らしを始められませんよね。引越し、家具家電の準備など、ほかにも大きな出費が待っています。引越し費用は、距離や荷物の量によって大きく異なりますので、一概には言えません。最低でも5万円程度は見ておいたほうが良いでしょうね。電化製品は最低でもテレビ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、電子レンジ、炊飯器くらいはほしいところです。ほかには布団、タンス、机があれば、とりあえずは生活が始められそうです。家具家電を全部一から揃える人は、15万円くらいはみておいたほうが良さそうです。

札幌の賃貸マンションは、非常に頑丈な造りになっている賃貸マンションなので大きな地震にも耐えることができます。