連帯保証人なしでも、賃貸住宅に住める時代に

家賃保証会社のほうを好む家主

以前は、賃貸物件を借りるには、支払い能力のある親族の連帯保証が必要でした。でも、家族形態は大きく変わっていますし、連帯保証人になってくれる親族のいない人などおおぜいいるでしょう。空き室率が上がっているため、家主側も、そうした借り手をシャットアウトできる状況ではなくなりました。本人に支払能力があるなら、連帯保証人がいなくても、家賃保証会社の利用を条件に、物件を貸す家主が増えています。借り手すべてに、家賃保証会社の利用を求める家主も多いです。

家賃保証会社のほうが当てになる

家主側からしても、借り手の親族個人の保証より、家賃保証会社の保証を望むでしょう。すぐ入金されるのですから。家賃保証会社というものが、つい最近まで存在しなかったのは惜しまれることですが、何社もあって、利用の普及も進んでいますので、このまま続いてほしいところです。もちろん、家賃保証会社でも審査はしますから、誰でも利用できるわけではありません。ただ、本人に支払能力があれば、それだけでこと足りるのはリーズナブルと言えるでしょう。

立て替えられた分は返済

家賃保証会社は、親族の保証人と違い、立て替えた家賃は必ず回収しようとします。支払能力があって部屋を借りたわけですから、返済は可能でしょう。いつかは返さなければなりません。家賃保証会社の利用料金がそれほど高くなく、値上がりしているわけでもないことからすると、採算があっているのでしょう。保証人をつけなくても、ほとんど大丈夫なわけじゃないですか。何の保証もなく、部屋は貸せないというのも当然ですから、誰にとってもいいシステムと言えそうです。

札幌の賃貸は物件が多いために、理想的な条件を明確にすることがポイントです。希望に合う物件が必ず見つかります。