賃貸物件の選び方が変わる!?不動産会社で選ぶのは古い

不動産会社に不満を持つ人が増えています

インターネット検索を利用して賃貸物件を探す人が増えていますが、不動産業界はまだアナログな所が多いことにギャップを感じている人も多いでしょう。気に入った物件が見つかって連絡をすると、一度店舗へ来店するように促されて希望条件を記入シートに書いてから実は掲載の物件はもう入居者が決まりましたという話をされて無駄足に気付きます。最初は誰でも釣り広告に引っ掛かるものですから、仕方ないですがそのまま別の物件を紹介されて契約することだけは避けましょう。良いカモにされるだけです。

大家さんが直接募集を積極的に開始

大家側から見た場合にも不動産会社に対する不満が募る傾向があります。入居者から仲介手数料を1ヶ月分受け取りながら、大家からも広告料と名前を変えて1.5ヶ月から3ヶ月分の賃料相当額を受け取る不動産会社が大半です。広告料を多額に払わないと店頭で紹介すらしてもらえないことが多く、ついに大家自ら入居者を直接募集する積極的な人達が次々と登場しています。大家が直接募集して直接契約する際には、仲介者がいないために仲介手数料が不要です。何と1ヶ月分の家賃が丸々浮くことになるのです。

仲介専門会社の手を借りることも出来ます

大家直接募集という物件は首都圏が中心となっているために、全国的にはまだ普及が進んでいません。しかし、仲介専門会社の手を借りて賃貸物件を探すと、公開されている条件よりも費用を削って契約することが出来るようになります。仲介専門会社と元付不動産会社の間では賃貸契約のプロ同士でオーナーから支払われる広告料の分配交渉が行われるので、個人が直接不動産会社に申込む場合に比べて各種条件交渉をしやすい環境にあります。このため、公開されている物件情報よりも割安に賃貸物件を借りることも出来るのです。

札幌市北区の賃貸では、シングル向けの物件も多数存在しているため、単身赴任をはじめとした様々なシーンで役立ちます。