店舗物件で考えることとしては!その三要素

どこにあるのかということ

飲食店を開業しようと考えた場合、基本的にどうしてもテナントになるでしょう。よほど良い所に手持ちの物件がないのであればどうしても借りるしかないのです。人が来てくれることが条件になりますから、食べることの需要がないところでは意味がないのです。ですから、まずは人がいることが最低条件といえるわけです。出来れば大きな需要がある施設があったほうがよいでしょう。そうすれば安心して店を開くことができるようになります。

どんな食事が求められているのか

一言に店舗物件といってもはっきりいって合う合わないというのがあります。特に居抜き物件の場合は可能な限りそこに残されたものを使いたいでしょうから、基本的にはそれに合わせることができるところがよいです。極端にそこに傾倒する必要はないですが、出来ればどんな料理が出せるのか、また、その周辺で需要があるのか、ということも考えることです。例えば工場の近くは食事の需要があるでしょうが本格的なフレンチなんて需要はないのです。

広さが適切であるのかどうか

どんな店舗物件でもよい、ということではなく広さをよく見る必要があるでしょう。そもそも飲食店は時間単位で回すことができるキャパシティがあります。これはノウハウによって、個人によって大きく違うことではありますが店側の人数にほぼ依存することになります。つまりは、素晴らしい料理が提供できるとしても調理人が一人であれば精々多くて、10席もあればよい、という話になります。それ以上になりますと回せなくなります。そうしたことも考えて決めることです。

店舗物件の中でも、様々なビジネスにぴったりのものについては、各分野の実業家からの注目度が高まりつつあります。